ディセンシアアヤナスとヒフミドの比較

アヤナスとヒフミドどっちを選ぶ?

アヤナスとヒフミド比較

 

お肌が弱くても使える基礎化粧品として人気が高いディセンシアアヤナスとヒフミド。

 

こちらではそのなかでも基本中の基本といえるローションについて、内容量や配合成分、価格やサポート内容などを比較してみました。

 

どちらにすればいいか迷ったときの参考にしていただければと思います。

 

アヤナスローション ヒフミドローション
内容量 125ml 120ml・180ml
配合成分 プロパンジオール、ジグリセリン、グリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール、水(順不同) BG 、グリセリン 、ジグリセリン 、ベタイン 、ペンチレングリコール 、メチルグルセス-20 、セラミド1 、セラミド2 、セラミド3 、グリセリルグルコシド 、カンゾウ葉エキス、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61、ナットウガム、イソステアリン酸、PEG-60水添ヒマシ油、アルギン酸Na、キサンタンガム、ポリアクリル酸Na、フェノキシエタノール、クエン酸Na(順不同)
定価 5400円 3240円・4644円
お得な定期コース 2回目以降10%割引で購入可能 定期お届けコースあり・1944円以上の購入で10%割引・金額に応じて最大16%割引
トライアルセット 10日間トライアルセットあり 5品お試しセットあり
おすすめポイント ナノ化ヒト型ヒフミド配合・ストレスバリアコンプレックス配合・アトピーや敏感肌でも使用可能・エイジングケアもできる・信頼のポーラ工場で製造・定期コースでディセンシア商品すべてが10%割引適用・会員ポイント2倍・ ヒト型セラミド配合・リピジュア配合・モイスチャースプリング成分配合・小林製薬の製品で安心・
おすすめ度 ★★★★ ★★★

内容量やコスパについて

ディセンシアアヤナスローションは125ml、ヒフミドローションは120mlとほとんど内容量は変わりません。

 

一日二回のお手入れで、およそ一ヶ月ほど使える量です。

 

ヒフミドはさらに180ml入りもありますが、こちらは5割増しとなりおよそ1ヶ月半~2ヶ月ほど使える量となっています。

 

定価でみるとコスパにすぐれているのはヒフミドです。

 

アヤナスローションは一日当たり180円、ヒフミドローションは108円のコストがかかる計算になります。

配合成分の違いについて

アヤナスローションとヒフミドローションともに、ヒト型セラミドが配合されています。

 

セラミドはすぐれた保湿性を持つ成分で、健康なお肌には欠かせないものです。

 

アヤナスにはそれにプラスして抗炎症作用のあるコウキエキスなどの成分が含まれているのが特徴です。

 

また保湿だけでなくエイジングケアに効果のある成分も含まれていますので、アヤナスは保湿に抗炎症作用と加齢によるシワやくすみなどの効果が加わっていると理解できます。

 

ヒフミドは保湿に重きをおいているシンプルなローションというとらえ方で、乳液やクリームとライン使いをすることで効果を感じられる製品だといえるでしょう。

サポート内容について

アヤナスとヒフミド比較

 

どちらも安くはない製品ですし、敏感肌の人が使うという前提のもと、お試しセットが用意されています。

 

いくら敏感肌用の基礎化粧品でも、すべての人のお肌に合うかどうかは分からないからです。

 

アヤナスのトライアルセットは10日間、ヒフミドはおよそ5日ほど使える量が入っています。

 

また両者とも返品保証を用意しています。

 

アヤナスは商品到着30日以内、ヒフミドは1年以内であれば全額返金してもらえます。

 

実際に使ってみてやっぱり気に入らない、お肌に合わないようだと感じたら、この期間内であれば返金されます。

 

これは信頼できるメーカーであるという大きな根拠であり、使う人のことを親身になって考えているということ。

 

アヤナスもヒフミドもその点は問題ないといえるでしょう。

 

お得な定期コースについて

アヤナス・ヒフミドともにお得な定期コースを用意しています。

 

アヤナスはトライアルセットの後、2回目からは全商品が10%割引で購入できる定期お届けサービスを実施しています。

 

またヒフミドは1944円以上の購入で10%割引になるという仕組みをとっています。

 

どちらも他の製品を割引価格で購入することもできるというメリットがあり、他のラインを使ってみたいときや、化粧品以外を買いたいときにも割引を使えて便利です。

ディセンシアアヤナスとヒフミド おすすめポイントについて

アヤナスもヒフミドも敏感肌用の基礎化粧品であるという点で高い人気を集めています。

 

この両者には共通点が多くありますが、そのひとつであるヒト型セラミドについて、細かく見ていくと差があります。

 

アヤナスのヒト型セラミドはナノ化されており、よりお肌に浸透しやすくなっています。いくらお肌にセラミドを与えても浸透吸収しないと意味がありません。

 

その点で、ディセンシアアヤナスのセラミドは、よりお肌の深いところへ届くといえます。

 

また保湿に重きを置いている点で両者は共通していますが、アヤナスはそれにプラスして抗菌作用や美肌・エイジングケアを実現する成分が含まれています。

 

ヒフミドはローションに続いてつける乳液やクリームでカバーするようになっていますが、今回はローション単体での比較ということで、アヤナスに★4つ、ヒフミドに★3つがつく結果となりました。